昨日の日曜日は

終日コンサルデーになった。

 

 

 

特に僕の中古マスター講座生との

コンサルは白熱する。

 

 

 

まだ誰もやったことがないところを

開拓しているからだ。

 

 

 

アマゾン無在庫輸入の形も、

日進月歩していて、SHRの石塚さんや、

SSSSの松本さんも、独自のノウハウを常に開拓し続けている。

 

 

 

それでもまだ

アマゾン無在庫「中古」輸入の開拓者たる

僕たちにしか辿りつけない戦略がある。

 

 

 

日本では在庫切れで、

アメリカに中古のみある商品だ。

 

 

 

これを一括抽出するために、

これまで議論を重ねてきたが、

ようやく糸口が見えてきた。

 

 

 

ここは

マスター講座にて

更にブラッシュアップをかけていく。

 

 

 

この領域は、

軽く利益50%超えだ。

 

 

 

そして、

僕らには基本的には知財がないので、

ブランドは申し訳ないぐらいに

土足で踏み荒らしていく。

 

 

 

そんな感じで、

アマゾンでの取り組みは

限りなくえげつなく、

やっていく。

 

 

 

そしてこれはまだ試行段階だが、

僕が生まれた前後の時代で

流行っていたもの、

 

 

 

これが世の中では

ヴィンテージ となって

流行っているらしい。

 

 

 

先日も職場の若い子が、

私はヴィンテージ の洋服が好きで

特に60年代が好きだと言っていた。

 

 

(それって僕がヴィンテージ って言うことなんだけど。。。涙)

 

 

自分の生まれた頃、

世界で流行っていたものが、

時を超えて現代の若者たちに人気となる。

 

 

 

なんとも不思議な感じだが、

なぜか悪い気はしない。

 

 

 

この分野は、

エレガントに

多販路で戦っていく。

 

 

 

僕のマスター講座では、

こうした分野の最強軍団を

目指していきたい。

 

 

 

僕のまだ書いていない

パリでの活動記録を

 

 

思いのほか多くの人が

楽しみにしてくれているようで、

 

 

いよいよ書かなければと

思っている。

 

 

まだ、申し込みをしていない方は、

このリンクをクリックしておいて

欲しい。

 

 

書いたら直ちにお届けしたいと思う。

 

http://rationale-ex.com/L25915/b42/11041

 

 

 

 

では。