こんばんは。

大門です。

 

 

今日は、

待ちかねていた

セミナーを受けてきた。

 

 

本当だったら、

欧州に向かって飛行機に

乗るはずだったのだが、

 

 

急遽、

夜行便に変えて、

話を聞いてきた。

 

 

やはり、

 

情報は時間もお金もかけて、

取りに行くものだとつくづく思った。

 

 

これからの流れが見えたうえに、

想像以上に気付きがあった。

 

 

ヒントは思いがけないところに

隠れてているものである。

 

 

先日、

僕のスカイプコンサルを受けた人も、

 

たった一週間で

かなりの結果を出してくれた。

 

 

これも

本人がまだ気づいてないところに

ほんの少し手を入れただけ。

 

 

僕の特典をプリントアウトして、

書き込みをして、

 

 

熟読してくれていたのを見たら、

何もせずにはいられなかった。

 

 

そして、

教えた人が稼ぐようになるのは

自分で稼ぐより何倍も気持ちがいい。

 

 

現在、

マスター講座で、

超穴場市場を一緒に

開拓してくれている猛者たちとも

 

 

スカイプでも激論を戦わせている。

 

 

超穴場だからと言って

糸をたらせば売れるかというと

そういう訳でもない。

 

 

穴場には穴場ならではの戦い方がある。

 

 

局地戦をくり返して

実効性の高い戦法をいろいろと試して

 

 

戦い方の精度を上げて行く。

 

 

そして一騎打ちになったら

必ず勝ちに行く。

 

 

そんな熱い議論を戦わせている。

 

 

そしてそこに、

弱者ならではの戦略を盛り込んでいく。

 

 

戦略と実践の繰り返し。

 

 

人はノウハウというのかもしれないが、

僕らにとっては戦略と実践を繰り返して

練り上げた、まさに秘策である。

 

 

共にこの市場を戦ったものでしか

共有できない「策」がそこにある。

 

 

例えば、

日本のアマゾンの商品カタログには新品がない。

そうするとこういうことが起こる。

 

http://rationale-ex.com/L25915/b42/11011

 

 

軽く利益率50%越えだ。

 

 

こういう商品を見つけるにはどうすれば

いいのか、

 

そういう議論である。

 

 

今、僕らが取り組んでいるジャンルは

松本さんも紹介してくれていた、

1.6兆円規模のマーケット。

 

 

そして右肩上がりに成長している。

 

 

さらに、30%以上の高利益率、

しかも知財なし、

なのにライバル不在という、

何ともまか不思議なジャンル。

 

 

先入観を捨てて、

マーケットに向き合えた者だけが

開拓できる市場だ。

 

 

明日から、

超穴場市場の聖地でもある

欧州の某国に行く。

 

 

歴史と芸術の凝縮された街である。

世界中からそれらを求めて

人が集まる場所である。

 

 

僕らの主戦場から得た膨大なデータを持って

聖地でのリアルに挑んでみたい。

 

 

もちろん、

そこで見聞きしたものは余す所なく、

僕のマスター講座で共有して行く。

 

 

どんなものが飛び出してくるか、

今から楽しみである。

 

 

そんな、

僕の活動に興味がある方は、

是非下記のリンクをクリックして

おいて欲しいと思う。

 

http://rationale-ex.com/L25915/b42/21011

 

 

 

では。