こんにちは。

 

GDAI(ジーダイ)です。

 

参考にするライバルも決まって、ショップの内容も固まったら、いよいよ出品ですね。

私の所属するMYC/SATSでは、ATSという優れものの出品ツールがあります。

 

でも、ちょっと待った~!!(古っ。。。汗;;。ねるとん紅鯨団。。。)

 

最初からツールで出品する前に、手動で出品してみることをお勧めします。

 

私は最初eBay輸出から入ったのですが、eBayに比べるとアマゾンの出品はとても簡単です。

100品くらいでしたら、ほんの数時間でできると思いますので、ぜひ手動出品に挑戦してください。

できれば1品でもいいので新規出品もしてみるといいと思います。

 

手動で出品することで、その後、ツールで出品する時に、その入力項目の意味するところがわかるので、後から大きく差が付きます。

 

手動出品がある程度慣れたら、いよいよツールを使って出品です。

 

ここからは個人差が出やすいと思いますが、まずは100品くらいを自分の想定、納得のいく出品になるまで、何回も繰り返し、トライアルエラーで出品してみることをお勧めします。

 

私はここがわからずに、ひたすら新規出品をしてエラーを山積みしてしまっていました。

かなり進めたところで、やり方を間違えてたことに気づいたので、ずいぶんと遠回りしてしまいました。(根気はつきましたが。。。)

 

やはり、ここは最短で進めたいところですので、出品エラーになった原因をしっかり確認して、原因をつぶしながら進んで行くのが結局、近道だと思います。

 

この100品を同じ商品でトライアルエラーを繰り返していけば、これだっ!という設定値にたどりつけると思います。

 

ここは教えてしまいたいとこですが、トライアルエラーをすることで、設定を理解していきますので、頑張ってトライしてみて欲しいところですね。

 

一旦、コツをつかんでしまえば、あとは量産するだけですので、あっという間に出品件数を伸ばしていけると思います。

 

なんとなく自転車に乗るコツに似てるかもしれません。ちょっとしたコツをつかめばあとはスイスイいけると思いますよ。

 

 

それでは、今日も1日頑張っていきましょう!