こんにちは。

GDAI(ジーダイ)です。

 

まず敵を知るということで、ライバルセラーを調べる重要性について、お話させていただきましたが、今回は、セラーリサーチでどんなポイントに注目していたか、具体的な項目で見ていきたいと思います。
まずはショップ名。
覚えやすい名前であることが前提ですが、外国人のお客様も一定数いらっしゃるので、英語併記をお勧めします。

私の1,000件のセラーリストを見ても、約半数は英語か英語併記のショップ名にしているようですね。

 

私の場合は、英語併記にしていますが、だいたい1割くらいが外国のお客様です。

 

ちょっと小ワザですが、カート(商品ページ右側の「こちらからもご購入いただけます」ボックス)が取れたとき、自分のショップ名がすべて表示されますので、ショップ名の後に、ちょっとした自分の売り込みポイントを入れておくと、自分のショップを選んでもらえる可能性が少し上がるかもしれませんね。

 

ライバルがどんな名前を付けているか(ショップ名にどんなキャッチフレーズをつけているか)、よく見てみましょう。
また、この、「こちらからもご購入いただけます」ボックスにカーソルをあてると、そのショップのショップ名、1年間の評価数、評価率、発送までのリードタイム、発送元が表示されます。

 

このあたりもライバルに差別化するにはどうすればよいか、負けないようにするにはどうするか、工夫できそうです。

 

カートボックスがとれた時は、商品ページに表示される自分のショップ名から出品者のプロフィールのページにリンクが張られますので、出品者のプロフィールのページもしっかり作っておくとよいですね。

この出品者のプロフィールのページに、ロゴのないセラーさんもいますが、ここは簡単でもいいので、ショップ名がくっきり見えるようにしておくといいと思います。

(バックが白地なので、色濃いめの太字の方が目立ちます。頼んでも安くできるとおもいますが、私はキーノート(ウィンドウズだとパワーポイントかな)でさくっと作って、JPEGで保存したのを今でも使ってます)

 

それでは、今日も1日頑張っていきましょう!