こんばんは。

 

大門 玄です。

 

 

 

先日、有在庫FBAセラーの基準値を知る機会がありました。

もちろん僕らの無在庫でテール商品を狙った手法とは違う基準値なのですが、

こうした実績のある実力者の基準値を知ることは、極めて重要です。

 

 

 

この基準値自体にも価値がありますが、この基準値から派生して見ていくと、

無在庫と有在庫の狭間がわかります。

 

 

 

以前のGDAIメルマガ通信でも少し紹介しましたが、

無在庫でもある日突然、1日に数個売れ始めることがあります。

 

 

 

そうした商品はセッション数が急激にあがりますし、

他の無在庫セラーも売れ始めますのでたちまち価格競争になるのですが、

しばらくするとFBAセラーがでてきます。

 

 

 

ここが無在庫から有在庫への転換点その1で、ここは無在庫セラーしか気付けないので、

1日複数個売れて、セッション数も上昇してて、FBAセラーもいなかったら、

速攻でFBA納品しましょう。

 

 

 

ここはスピード勝負です。

 

 

 

そしてしばらくすると同様の無在庫セラーのFBAがぽつぽつでてくる。

 

 

 

そしてこの後、有在庫FBAセラーがモノレート情報を見てやってくる。

 

 

 

ここでお判りかと思いますが、

この有在庫FBAセラーが突撃してくる基準値が、先程重要と言った基準値です。

 

 

 

ここまでくると利益率が下がってくるので、

まあ儲かるなら続けてもいいし、

他の仕入れに回してもいいしと言った感じかと思います。

 

 

 

無在庫セラーの中で有在庫を主戦場にしてるセラーは、

明らかにセッション数の変化をモニタリングしていて、

売れ始めたのを確認してFBAに撃ち込んできていますね。

 

 

 

まずは出品数を上げてテール商品でしっかり利益率を取りつつ、

セッション数が上がって売れ始めたFBAの先行利益を取っていく。

 

 

 

そして有在庫FBAセラーが来たら撤退する。(別に撤退しなくてもいいですが。。。)

 

 

 

そしてその基準値をばっちり今回の教材で紹介されてたので、

こういう良質な情報にはアンテナを立てて、

しっかり取りに行きましょうという話でした。

 

 

 

ちなみに、もし無料セミナーなど参加される機会があったら、

必ずその人の基準値を聞いてみてくださいね。

 

 

 

いきなり基準値を聞いても頻繁を買うだけですが、

自分はこういうものをこういう基準値で販売してますが、

この基準値について先生はどう思いますかなどと、

 

聞き方を工夫するだけで、なかなか教えてくれない人でも、

かなり近いヒントをくれると思います。

 

 

 

 

では。