おはようございます!

GDAI(ジーダイ)です。

 

先日、海外からのインターネットライブ配信を見てたのですが、
技術が一段と進化してきましたね。
かなり臨場感たっぷりでした。

 

僕の所属しているMYC/SATSでも、
隔週でオンラインラジオというコミュニティ向けの
ライブ配信が行われています。

 

画像と音声なので、
ラジオというよりはテレビに近い感じではありますが、
やや音声が主体ということなので、
ラジオといったことろでしょうか。

 

こうしたライブ情報が必要な人だけに届くサービスが、
インフラの整備とともに進むとすると、
インフラとしてのテレビ自体は、
早晩、なくなっちゃうのかもしれませんね。

 

壁かけの液晶パネルか、
スマホだけで観る日も近いのだとすると、
四角いテレビを囲んでの家族団欒は、
サザエさん的な昭和の思い出になってしまいそうです。

 

コンテンツもそれぞれの好みに
特化したものになっていくのでしょう。

 

同様に、仕事場でも、ライブ配信が進んで行くのでしょうね。

 

別のオフィスの画像が流れっぱなしなら、
その場を同時に共有してるようなものです。

 

僕も、海外との仕事でスカイプが多いですけど、
画質や音質の問題もあるので、
スカイプだけで仕事するのは、
もう少しかかるような気がします。

 

でも、技術やネットワークのインフラが整えば、
あっと言う間に、在宅勤務が主流の時代が
くるかもしれないですね。

 

日本は人口も減っていくし、
働く人の半分くらいが在宅になったら、
通勤地獄は過去の遺物になりそうです。

 

未来の人がみたら、
なんか、満員電車って、
うわーって感じで、
気持ち悪がられそう。。。

 

そして今を知っている人は、
そういう時代もあったんだよ。

懐かしいなあ、
などと言ってるのかな。

 

そういえば僕が働き始めたときは、
まだ携帯やメールなどもなく、
最初に連絡用に持たされたものは、
「ポケベル」というものでした。。。

 

時代はいつも先に進んで行きます。

 

それでは!