おはようございます!

 

GDAI(ジーダイ)です。

 

僕が最初に始めたインターネットビジネスは、
eBayでした。

 

インターネットビジネスを始めて間もない当時は、
単純にメイド・イン・ジャパンであれば、
世界中に簡単に売れると思っていました。

 

だってテレビをつければ、
日本の商品は世界中に愛されているって、

 

海外の人はこぞって日本の商品を買いに来るって
報道してるし。

 

こんな簡単な理由でした。

 

確かに、
日本にしかないジャンルのものは、
一定のマニアやコレクターがいるのは事実。

 

僕もeBayでマニア・コレクターものがたくさん売れました。

 

だけど、海外に競合商品があるものは、
思いのほかメイド・イン・ジャパンに人気がない。

 

台湾、韓国、中国、
アジアの国の商品の方が、
圧倒的な人気がある。

 

汎用商品は、もはやコスパでは、
全くかなわない。

 

日本より海外の方が、
安くていいものが沢山売っている。。

 

ん?

 

だったら安くていいものを日本に輸入するほうが、
いいのではない?

 

日本でマニア、コレクター向けの商品を探すより、
楽でない?

 

このマニア、コレクター向けの商材を探すが得意な人は、
eBayで売れる商材を見つけるのがきっと上手だと思います。

 

ただし、海外の安くていいものを見つける方が、圧倒的に楽。

 

これからの日本の人口減少を考えても、
メイドインジャパンがその物量で、
世界を凌駕していくよりは、

 

増え続けるアジアや世界の新興国から、
安くてよいものが沢山でてくる。

 

そして世界最大のマーケットであるアメリカで消費される。

 

この構造はこれからも変わらないでしょう。

 

なんだか日本が弱くなる悪くなるような話で、
耳障りがよくないから、
マスコミからはほとんど耳にしませんが。。。

 

実際に輸出のビジネスをしている人は、
皮膚感覚で実感されていると思います。

 

実際、
ツールと仕組みで米国アマゾンから日本アマゾンに輸入する、
MYC/SATSでは、実績者が多いですしね。

 

皆さんは、輸入と輸出の現状、どう感じますか。

 

それでは、今日も1日頑張っていきましょう!